電子タバコの歴史

電子タバコの歴史

2020.09.09

電子タバコとは

ニコチンを基本とした、液体を蒸発(気化)させ、吸引し紙タバコを吸うことに似た経験をするための器具です。
専門用語では、電子ニコチン送達システム(Electronic nicotine delivery systems, ENDS)と言います。

電子タバコの生まれ

最初に電熱式霧状タバコ(電気的加熱によりニコチン無しで風味をつけた湿った蒸気を生成する物)を作られたのは、米国のハーバート・A・ギルバートによってです。
そして、1965年に「Smokelessnon-tobacco cigarette」(無煙・非たばこ・シガレット)として特許が付与されました。
マイクロプロセッサを持つ電子タバコは、中国の漢方医である、韓力(ホン・リク)により実用化されました。
そして、2003年に「Electronic atomization cigarette」(電子噴霧喫煙具)として特許が付与されました。

世界の規制

シンガポール

水タバコ、紙タバコ等(電子タバコ)の所持自体が禁じられています。
違反の場合、10,000シンガポールドルの罰金または6ヶ月の禁固刑です。

タイ

電子タバコに関税がかかって無いため所持自体が禁じられています。
違反の場合、その電子タバコ価格の5倍の罰金または5年未満の懲役です。(販売、購入、輸入の場合はさらに厳しい罰が与えられます)

香港

2018年10月、政府が健康上の理由で電子タバコの全面禁止とする方針を示しました。

インド

2019年9月、電子タバコの生産、販売、輸入を全面禁止にしました。

電子タバコの利用者

2011年には700万人いました。

それから、2016年には3500万人になりました。

利用者が増えることにより、電子タバコ市場も拡大し、世界の電子タバコ市場は現在226億ドル規模と言われています。

また、「Yoozとは」の記事でも紹介しました、Yoozは中国でも最大規模のブランドでもあるため、安心して使える他、CBDポッドも出ているため、CBDを楽しんで吸引出来ます。

YOOZとは

 

関連タグ

投稿をシェアする

Related Posts

CBD

【CBDグミ】CBDfxのCBDグミについて

CBD

【解説】NoLeafのCBD VAPEについて

CBD

【高濃度】濃度90%のASTEC CBDワックスがすごい